研究・開発

Research and Development

小桝屋グループは日々研究を重ねております

資源循環型社会の追求に終わりはない

小桝屋は資源循環型社会に貢献すべく、時代のニーズに合わせた資源循環について日々研究を続けております。
どのようなものが循環されていないか、新技術をどのように生かせるかなど、さまざまな人たちと共同で研究に努め、事業化を行っております。

研究・開発

亜臨界装置を使った飼肥料化事業

亜臨界装置(高温高圧加水分解装置)を用いて、堆肥化・肥料化・飼料化の研究を進めております。特に飼料化については、今まで飼料として活用できなかった難分解性の有機物を亜臨界装置の強力な加水分解を用いてペプチドやアミノ酸レベルにまで素早く分解し飼料化することに成功しました。
いくつもの動物試験を実施し、既存の飼料と同等、または、それ以上の消化吸収率を持つ高品位飼料として証明されています。

有機系食品廃棄物(魚のアラ、野菜くず、肉類、御飯、麺)などを高温高圧装置(亜臨界装置)で分解。
高品質な肥料や培土、資料にする研究を行なっています。

発酵期間の短縮・臭気予防

この方法で堆肥化が完了するまでに3~4ヶ月と長い時間を要することや発酵途中での匂いが出てしまう欠点がありました。亜臨界装置を導入することで、密閉型各汎容器で臭いをあまり出すことなく、素早く一次発酵を完了することが出来るようになりました。
弊社では臭いが出やすい食品廃棄物をこの亜臨界装置で処理し堆肥化しております。また、新たな活用法の追求として、あらたな培土や資料の作成に亜臨界装置を用いる方法も研究しています。

近赤外線分析器による土壌分析システムの開発

土壌分析や堆肥分析では、化学薬品を用いた分析が一般的です。しかし、分析機器の導入にかかるイニシャルコストが高いこと、分析業務には専門の分析官が必要でランニングコストがかかること、さらに、分析作業が複雑で時間がかかることが問題でした。

また、化学薬品によっては廃棄処理が難しく環境負荷も大きいことも問題でした。
近赤外分析器は、近赤外を用いてスペクトルを測る画期的な分析装置です。これにより化学薬品の使用を減らし、短時間で分析することが可能となりました。また、将来的にはこの分析器をコンパクトにして、現場でリアルタイムで分析することも可能になると考えられています。

キノンプロファイル法による堆肥診断指数の開発

堆肥の発酵は複数の微生物の働きにより行われています。そのため堆肥製造において微生物の状態を把握することは重要です。小枡屋では堆肥中の微生物を調べる方法として、キノンプロファイルを用いた手法を開発中です。
キノンプロファイルとは微生物の種類によって異なる電子伝達物質であるキノンを調べる方法で、これによりどんな種類の微生物がどれだけ含まれているかが分かります。
これを応用して、微生物の状態から堆肥の品質を判断できるように成るだけでなく堆肥を利用した作物栽培において土壌の微生物状態を改善することで生産性の工場が期待できます。

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

052-322-5131

メールでのお問い合わせはこちら

エコアクション21